BLOG

どんな方が訪問看護を受けられるの?

2019/01/07
訪問看護

 こんにちは、事務の中村です。

 今回は前回の続きで「どんな方が訪問看護を受けられるのか」についてご紹介します。訪問看護や他の介護・医療サービスは、サービスを受けるための条件があることが多いです。なので、一般の方にはサービスの対象者がわかりにくく、サービスを受けられるのか、受けられないのかの判断が難しいと思います。

 結論から申し上げると訪問看護は「医師が必要と認めれば、誰でもサービスを受けることができる」というのが答えです。

 

 まず、年齢に制限はありません。赤ちゃんからご高齢の方まで医療を必要とする方であればどなたでも利用することが可能です。病気の種類や状態での制限もありません。ただし、かかりつけの医師が訪問看護を導入する必要があると判断したときのみサービスを受けることができます(訪問看護指示書が発行される必要があります)。お薬の管理や点滴など、ご自宅での医療処置が必要な場合は医師やケアマネジャーから訪問看護を提案されることが多いです。

 もちろん、年齢や病気の種類によって介護保険適用か医療保険適用か、あるいは自費かという違いはあります。もし、疑問やご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 次回は訪問看護サービスを受けるまでの流れをご紹介します。

 

 エヌユー訪問看護ステーションは一緒にご利用者様を支える看護師、理学療法士(作業療法士)の仲間を募集しています。訪問看護をもっと知りたい、実際の仕事を見てみたいなどご興味がございましたら個別相談や体験同行訪問も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。