BLOG

情報共有もバッチリ!風通しが良いのもエヌユーの魅力です。

2018/11/27
事務所

こんにちは!

看護師の國枝です。

 

今回は「情報共有」について書いていきたいと思います。

訪問看護は基本的に一人でご利用者様のご自宅にお邪魔します。そのため、スタッフ全員でご利用者様の病状や生活を把握しておかないと、いいサービスが提供できません。また、情報共有をしっかりしておくことで、普段、あまり訪問しない利用者様に行く際にも安心してケアに向かうことができます。なので、十分な情報共有はご利用者様のためにもスタッフのためにも非常に大切です。

 

もちろん、エヌユー訪問看護ステーションでも情報共有には力を入れています。専用のアプリを導入しているので、訪問先でも訪問看護指示書の内容や申し送りがスマホで閲覧することができます。その場で知りたい情報を得ることができるのは心強いです!

 

さらに写真のようにお昼時には訪問からスタッフが帰ってきて、話しながら情報共有をします。自然と情報を得ることができるのも安心材料の一つです。

 

訪問看護は「一人で行くので孤独」というイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、全然そんなことはないと思います。チームで協力していくことで安心して働くことができます。エヌユー訪問看護ステーションはそれができる事業所だと思うので、ぜひ一度見学にお越しください!